寻找少年村上春树之7–西宮神社

ps.站长当年特地去过的~

西宮神社 表大門(赤門)
 西宮神社は別名”西宮戎、えべっさん”とも言われ、商売繁盛の神様として、全国的にも知られている。現在、西宮市は人口50万弱の大都市になったが、この町が20万人程度のころから毎年、十日戎の1月9~11日の3日間に、100万人以上の人がここを訪れる。ここで行われる福男選びは、毎年、1月10日午前6時の開門とともに230メートル先の本殿を目指して駆け出し、3着までにゴールした人間が、その年の福男となる。ここが、少年時代の村上春樹の遊び場の一つであった。
彼の最新作1Q84には、この神社の正門から7~800メートル南に行ったところにある、西宮ヨットハーバーのことが書かれてある。また、”戎野先生”という珍しい名前の人物もが登場するが、戎野の”戎”は、西宮戎の戎から取られたものだったとしてもおかしくはない。
この西宮神社が村上春樹の遊び場であったことや、この場所で過ごした経験が、彼の作品にどのように表れているのかを考えた人は、ほとんどいなかったのではないだろうか。

(辺境・近境)
商店街を抜けて通りを渡ると、そこには西宮の戎神社がある。とても大きな神社だ。境内には深い森がある。まだ小さな子どもだったころには、僕らのなかまにとってここは素晴らしい遊び場所だった。

西宮神社表大門 西宮神社本殿
西宮神社本殿
開門神事福男選び
西宮神社 池
 牛乳の空き瓶に、うどん粉をねったものや、うどんを小さく切ったものを入れて、えべっさんの池で小エビを釣るのは、この近所の子ども達の楽しみであった。今では、池を汚染するので許されたいないが、池にいる鯉や亀にやるえさは池の端の茶店で売られている。この池の傍には、明治の元勲岩倉具視の私邸の一部であった六英堂が移築されている。

(辺境・近境)
商店街を抜けて通りを渡ると、そこには西宮の戎神社がある。……子供の頃よく小海老釣りをした池の古い石橋は(紐をつけた空き瓶にうどん粉の餌を入れて水の中に落としておくと、小海老が入ってくる。適当にそれを引き上げる。

西宮神社の池と石橋
西宮神社 森
 老木が茂る西宮神社の森(えびすの森)は天然記念物に指定されている。一般人が、この森に入ることは出来ないが、村上春樹が子供のころは、見つかれば叱られることは知っていても、近所の少年達が”探検隊”気分でこの森に入っていたので、彼にもその経験があるのかも知れない。海辺のカフカに出てくる神社は、香川県高松の神社という想定であるが、この神社の林が、えべすの森であるというのは、阪神間キッズの我田引水であろうか?

(辺境・近境)
ただ、境内の深い森だけが、僕の記憶にある昔と変わることなく、時間を超えてひっそりと暗く、そこにある。僕は神社の境内に腰を下ろし、初夏の太陽に下でもう一度あたりを見まわし、そこにある風景を自分に馴染ませる。

(海辺のカフカ)
二人は低い垣根を越えて、神社の林の中に入っていった。カーネルサンダースは上着のポケットから小さな懐中電灯を出し、足もとを照らした。林の中には小径がついていた。それほど大きな林ではないが、そこにある樹木はどれも古く、大きく、その密生した枝は頭上を暗く覆っていた。足もとから強い草の匂いがした。

西宮神社境内の森
  
西宮神社 43号線沿い燈籠
 室町時代建立の大練塀と桃山建築の表大門は国の重要文化財に指定されている。村上春樹が、辺境・近境でここを歩いたときは、地震で塀は崩れ、常夜灯の燈篭部分は落下し修復されないままであった。大練塀は、昔から京都の蓮華王院にある太閤塀、名古屋熱田神宮の信長塀とともに日本三練塀の一つに数えられており、塀の建造時に塀の土の中に明銭が練りこまれたいた。

(辺境・近境)
阪神国道に沿って並んでいる巨大な常夜灯の大部分は、肩口から上の燈篭の部分が失われている。それらは鋭い刃物ではねられた首のように、足もとの地面に不揃いで転がっている。残された土台は意識と方向を失った石像となって、夢の中に現れる象徴的なイメージのように、もの言わず重々しくそこに立ち並んでいる。

西宮神社大練塀
   
 国道43号線沿いの燈篭
 


寻找少年村上春树之7–西宮神社:等您坐沙发呢!

发表评论

表情

还能输入210个字