寻找少年村上春树之2–村上春树的旧居(西宫)

村上春樹の旧居(西宮)
最初の住居 夙川の西側
 村上春樹の父親、千秋氏は、甲陽学院の教諭であったが、甲陽学院は西宮の酒造家、辰馬家(白鹿)の援助により創設されたので、白鹿の社宅が夙川の西側にあり、村上春樹の家族がその社宅に住んでいた。その後、夙川をはさんで東側に移り、さらに中学時代に芦屋市へ引っ越した。

村上朝日堂
僕は物心ついてから高校を出るまでに二回しか引越しをしなかった。不満である。もっとたくさん引越しをしたかった。それに二回引越したといっても、直線距離にして一キロほどの地域を行ったり来たりしていただけである。こんなのって引越しとも言えない。兵庫県西宮市の夙川の西側から東側へ、そして次に芦屋市芦屋川の東側へと移っただけのことである。

夙川西側の街並み 香櫨園小学校西隣の大谷記念美術館
    
       同記念美術館
次の住居跡 夙川の東側
 最初の住居は夙川の西、次の住居は東にあった。どちらも周りの環境は、彼が、「国境の南、太陽の西」書いている、「見事に典型的な大都市郊外の中産階級的住宅街」である。

村上朝日堂
僕がかつて住んでいた夙川近くの古い家もなくなっていた。あとにはタウンハウスのようなものが建ち並んでいた。

  
夙川東側の街並み
  
夙川東側の街並み
夙川東側の街並み
夙川、香櫨園の街並み
 国境の南、太陽の西の主人公である”僕”が育った街がどこであるかを特定できることは、書かれてはいないが、冒頭に近い部分に「見事に典型的な大都市郊外の中産階級的住宅街だった」と表現されている。全国的に見て、このような街は多くあっても、村上春樹の生い立ちからして、この街が西宮の夙川や香枦園であることには間違いはない。 今、我々が村上春樹の作品を通して歩いている西宮、芦屋は、「国境の南、太陽の西」的な表現をすれば、その多くの部分が「六甲の南、武庫川の西」にある。

(国境の南、太陽の西)
僕らが住んでいた町は、見事に典型的な大都市郊外の中産階級的住宅街だった。そこにすんでいるあいだに、多少とも親交を持った同級生たちは、みんな比較的小奇麗な一軒家に暮らしていた。大きさの差こそあれ、そこには玄関があり、庭があり、その庭には木が生えて。友達の父親の大半は会社に勤めているか、あるいは専門職に就いていた。・・・・・僕はあとになって近くの別の町に引っ越すことになったが、そこも同じような成り立ちの町だった。

 


寻找少年村上春树之2–村上春树的旧居(西宫):等您坐沙发呢!

发表评论

表情

还能输入210个字