村上百科日文版

Murakami_Haruki_(2009)160px-Haruki_Murakami_signture_svg

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 – )は、日本小説家アメリカ文学翻訳家随筆紀行文ノンフィクションの著作もある。京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市芦屋市に育つ。

早稲田大学第一文学部映画演劇科卒業、ジャズ喫茶の経営を経て、1979年風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。当時のアメリカ文学から影響を受けた文体で都会生活を描いて注目を浴び、村上龍と共に時代を代表する作家と目される。

1987年発表の『ノルウェイの森』は上下430万部を売るベストセラーとなる。これをきっかけに村上春樹ブームが起き、以後は国民的支持を集めている。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』など。

日本国外でも人気が高く、柴田元幸は村上を現代アメリカでも大きな影響力をもつ作家の一人と評している[1]2006年、特定の国民性に捉われない世界文学へ貢献した作家に贈られるフランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し、以後ノーベル文学賞の最有力候補と見なされている。

デビュー以来、翻訳の活動も行っており、フィッツジェラルドの諸作品やレイモンド・カーヴァー全集のほか、ハードボイルド文学の創始者のひとりであるレイモンド・チャンドラーによる長編作品など、多くの訳書がある。随筆紀行文も多数。

目次

[非表示]

経歴

生い立ち

1949年京都府京都市伏見区に出生する。父が私立甲陽学院中学校の教師として赴任したため、まもなく兵庫県西宮市夙川に転居。父は京都府長岡京市粟生浄土宗西山光明寺住職の息子、母は大阪船場商家の娘という生粋の関西人で、「当然のことながら関西弁を使って暮らしてきた」[2]。また両親ともに国語教師であり、本好きの親の影響を受け読書家に育つ。書店でツケで本を買うことを親から許されていたという[3]西宮市立香櫨園小学校芦屋市立精道中学校兵庫県立神戸高等学校卒業。両親が日本文学について話すのにうんざりし[4]、欧米翻訳文学に傾倒[5]、親が購読していた河出書房の『世界文学全集』と中央公論社の『世界の文学』を一冊一冊読み上げながら10代を過ごした。また中学時代から中央公論社の全集『世界の歴史』を繰り返し読む。学校自体はあまり好きではなく、「どちらかといえばかなり反抗心の強い生徒だった」[2]。神戸高校では新聞委員会に所属。高校より自己流でペーパーバックを読み始めるが、英語の授業は二の次であったため成績は芳しくなかった[6]

1年の浪人生活を経て、1968年早稲田大学第一文学部に入学、演劇専修へ進む。在学中は演劇博物館にて映画の脚本を読みふけり、映画脚本家を目指してシナリオを執筆などもしていたが[7]、大学へはほとんど行かず、新宿でレコード屋のアルバイトをしながら歌舞伎町のジャズ喫茶に入り浸る日々を送る。(年代不詳)東京都千代田区水道橋にあったジャズ喫茶「水道橋スウィング」の従業員となった。1971年、高橋陽子と学生結婚、一時文京区で寝具店を営む夫人の家に間借りする。在学中の1974年、国分寺にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を開店(店名は以前飼っていた猫の名前から、夜間はジャズバー)。開店資金は500万円で、半分は夫婦でアルバイトをして貯め、残りは高橋陽子の両親からの借金であった[3]。1975年早稲田大学を卒業(7年間在学)、卒業論文題目は「アメリカ映画における旅の系譜」でニューシネマイージー・ライダー』を論じた。指導教授は印南高一(印南喬)[7]。1977年、「ピーター・キャット」を千駄ヶ谷に移す。

デビュー、人気作家となる

1979年、店の近所にあった明治神宮野球場でプロ野球の試合を観戦中に小説を書くことを思い立ったという。それからはジャズ喫茶を経営する傍ら、毎晩キッチンテーブルでビールを飲みながら作品を書き続けて『群像』に応募。同年6月「風の歌を聴け」で第22回群像新人文学賞を受賞して作家デビュー。カート・ヴォネガットブローティガンらのアメリカ文学の影響を受けた文体で現代の都市生活を描いて衆目を集める。同年、「風の歌を聴け」が第81回芥川龍之介賞および第1回野間文芸新人賞候補、翌年「1973年のピンボール」で第83回芥川龍之介賞および第2回野間文芸新人賞候補となる。1982年、専業作家となることを決意し店を人に譲る。同年、初の翻訳集『マイロストシティー フィッツジェラルド作品集』を刊行。また、初の本格長編小説『羊をめぐる冒険』を発表し、第4回野間文芸新人賞を受賞。以後小説、翻訳、エッセイと精力的に執筆活動を行なう。

1985年、2つの物語が交互に進行していく長編『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』発表、第21回谷崎潤一郎賞受賞。1986年、ギリシャ・ローマ旅行開始、1991年まで日本との間を行き来する生活を送る。1987年、「100パーセントの恋愛小説」と銘うった『ノルウェイの森』刊行、上下430万部を売る大ベストセラーとなる。これをきっかけに村上春樹ブームが起き、国民的作家と目されるようになった。1989年には『羊をめぐる冒険』の英訳版がアメリカで出版された。

1991年、ニュージャージー州プリンストン大学の客員研究員として招聘され渡米する。前後して湾岸戦争が起こっており、のちに「正直言って、その当時のアメリカの愛国的かつマッチョな雰囲気はあまり心楽しいものではなかった」と述懐している[6]。翌年、在籍期間延長のため客員講師に就任、現代日本文学のセミナーで第三の新人を講義、サブテキストとして江藤淳の『成熟と喪失』を用いる。

「デタッチメント」から「コミットメント」へ

1994年、『ねじまき鳥クロニクル 第1部』『同 第2部』刊行。1992年から『新潮』に連載されたもので、これまでの最長作品であり、ノモンハン事件などの歴史を織り込みながら人間の中に潜む暴力や悪を描いて話題を集めた。1995年、1月に起こった阪神・淡路大震災と、3月に起こった地下鉄サリン事件に衝撃を受ける。同年6月、帰国。8月に『ねじまき鳥クロニクル 第3部』刊行、翌年第47回読売文学賞受賞。1997年、地下鉄サリン事件の被害者へのインタビューをまとめたノンフィクション『アンダーグラウンド』刊行。それまではむしろ内向的な作風で社会に無関心な青年を描いてきた村上が、社会問題を真正面から題材にしたことで周囲を驚かせた。1999年、『アンダーグラウンド』の続編で、オウム真理教信者へのインタビューをまとめた『約束された場所で』により第2回桑原武夫学芸賞受賞。2000年、神戸の震災をテーマにした連作集『神の子どもたちはみな踊る』刊行。のちに『神の子どもたちはみな踊る』は映画化される。

この時期、社会的な出来事を題材に取るようになったことについて、村上自身は以下のように「コミットメント」という言葉で言い表している。

「それと、コミットメント(かかわり)ということについて最近よく考えるんです。たとえば、小説を書くときでも、コミットメントということがぼくにとってはものすごく大事になってきた。以前はデタッチメント(かかわりのなさ)というのがぼくにとっては大事なことだったんですが」[8]

「『ねじまき鳥クロニクル』は、ぼくにとっては第三ステップなのです。まず、アフォリズム、デタッチメントがあって、次に物語を語るという段階があって、やがて、それでも何か足りないというのが自分でわかってきたんです。そこの部分で、コミットメントということがかかわってくるんでしょうね。ぼくもまだよく整理していないのですが」[9]

「コミットメント」はこの時期の村上の変化を表すキーワードとして注目され多数の評論家に取り上げられた。また村上は作品の題材とした震災と地下鉄サリン事件の二つの事件について、この2つは彼にとって別々のものではなく、「ひとつを解くことはおそらく、もうひとつをより明快に解くことになるはずだ」(『辺境・近境』)と考えたと語っている。このため、『神の子どもたちはみな踊る』に収められている作品はすべて震災が起こった1995年の1月と、地下鉄サリン事件が起こった3月との間にあたる2月の出来事を意図的に描いている[10]

近年の活動

2009年エルサレム賞授賞式にてエルサレム市長ニール・バルカット(左)と

2002年、初めて少年を主人公にした長編『海辺のカフカ』発表。2004年にはカメラ・アイのような視点が登場する実験的な作品『アフターダーク』を発表。2005年、『海辺のカフカ』の英訳版Kafka on the Shoreが『ニューヨーク・タイムズ』の”The Ten Best Books of 2005″に選ばれ国際的評価の高まりを示した。2006年、フランツ・カフカ賞フランク・オコナー国際短編賞en:Frank O’Connor International Short Story Award)と、国際的な文学賞を続けて受賞。特にカフカ賞は、前年度の受賞者ハロルド・ピンター、前々年度の受賞者エルフリーデ・イェリネクがいずれもその年のノーベル文学賞を受賞していたことから、2006年度ノーベル賞の有力候補として話題となった。同年の世界最大規模のブックメーカーである英ラドブロークスen:Ladbrokes)のストックホルム事務所による予想では、34倍のオッズが出され18番人気に位置(受賞は同予想で1位のオルハン・パムク)。2007年の同予想では11倍のオッズ、6番人気とさらに評価を上げている[11]。また近年の年収は海外分が既に国内分を上回っており、事務所の仕事量も3分の2は海外とのものであるという[12]

なお多くの村上作品が海外に翻訳・紹介されてはいるが、初期の長編2作(『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』)は講談社英語文庫版の英訳が存在するにもかかわらず、村上自身が「自身が未熟な時代の作品」と評価しており、海外での刊行が一切行われていない[13]

また、2003年以降、高名なアメリカ文学の新訳を手がけている。『ライ麦畑でつかまえて』のタイトルで親しまれてきたサリンジャーの長編の新訳『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を皮切りに、フィッツジェラルドグレート・ギャッツビー』、チャンドラーロング・グッドバイ』、カポーティティファニーで朝食を』と、たて続けに刊行している。

2008年6月3日、プリンストン大学は村上を含む5名に名誉学位を授与したことを発表した[14]。村上に授与されたのは文学博士号である。

2009年2月、エルサレム賞を受賞[15]。当時はイスラエルによるガザ侵攻が国際的に非難されており、この受賞については大阪の市民団体などから「イスラエルの戦争犯罪を隠し、免罪することにつながる」として辞退を求める声が上がっていた[16]。しかし村上は賞を受けエルサレムでの授賞式に出席する。記念講演では「この賞を受けることがイスラエルの政策を承認したとの印象を与えてしまわないかと悩んだ」ことを告白し、その上で「あまりに多くの人が『行かないように』と助言するのでかえって行きたくなった」「何も語らないことより現地で語ることを選んだ」と出席理由を説明した。そして「高くて固い壁があり、それにぶつかって壊れる卵があるとしたら、私は常に卵側に立つ」と、イスラエル軍によって1000人以上のガザ市民が命を落としたことをイスラエルのペレス大統領の面前で批判した。さらに「私たちはみな国籍や人種・宗教を超えてまず人間であり、『システム』という名の壁に直面する壊れやすい卵なのです」と語った[17][18] [19] [20]。スピーチの途中からペレス大統領の顔はこわばってきたという [21]

2009年5月、長編小説『1Q84』を刊行、同年11月の段階でBOOK1と2の合計223万部の発行部数。同作品で毎日出版文化賞受賞。同年12月には、独創的な作家としてスペイン政府から芸術文学の勲章として、スペイン芸術文学勲章が授与され、それによりExcelentísimo Señorの待遇となる。

2011年6月、カタルーニャ国際賞を受賞。副賞である8万ユーロ(約930万円)を東日本大震災の義援金として寄付する。カタルーニャ国際賞の受賞スピーチでは日本の原子力政策を批判した[22]

2012年9月28日、『朝日新聞』朝刊にエッセイ「魂の行き来する道筋」を寄稿した。その中で、日中間の尖閣諸島問題や日韓間の竹島問題によって東アジアの文化交流が破壊される事態を心配して、「領土問題が「感情」に踏み込むと、危険な状況を出現させることになる。それは安酒の酔いに似ている。安酒はほんの数杯で人を酔っ払わせ、頭に血を上らせる。」「しかし賑やかに騒いだあと、夜が明けてみれば、あとに残るのはいやな頭痛だけだ。」「安酒の酔いはいつか覚める。しかし魂が行き来する道筋を塞いではしまってはならない。」と警告した[23][24]

作品の特徴

平易な文章と難解な物語

平易で親しみやすい文章は村上がデビュー当時から意識して行ったことであり、村上によれば「敷居の低さ」で「心に訴えかける」文章は、アメリカ作家のブローティガンヴォネガットからの影響だという[25]。また隠喩の巧みさについて、斎藤環は「隠喩能力を、異なった二つのイメージ間のジャンプ力と考えるなら、彼ほど遠くまでジャンプする日本の作家は存在しない」と評している[26]

一方、文章の平易さに対して作品のストーリーはしばしば難解だとされる。村上自身はこの「物語の難解さ」について、「論理」ではなく「物語」としてテクストを理解するよう読者に促している。一辺倒の論理的な読解ではなく、「物語を楽しむ」ことがなによりも重要なことだという。また、物語中の理解しがたい出来事や現象を、村上は「激しい隠喩」とし、の深い部分の暗い領域を理解するためには、明るい領域の論理では不足だと説明している[27]。このような「平易な文体で高度な内容を取り扱い、現実世界から非現実の異界へとシームレスに(=つなぎ目なく)移動する」という作風は日本国内だけでなく海外にも「春樹チルドレン」と呼ばれる、村上の影響下にある作家たちを生んでいる[28]。また、村上の作品は従来の日本文学と対比してしばしばアメリカ的・無国籍的とも評され、その世界的普遍性が高く評価されてもいるが、村上自身によると村上の小説はあくまで日本を舞台とした日本語の「日本文学」であり、無国籍な文学を志向しているわけではないという。なお村上が好んで自身の物語に使用するモチーフに「恋人(妻)の失踪」があり、長編、短編を問わず繰り返し用いられている。

長編小説家

村上の著作は長短編小説のほかエッセイ、翻訳、ノンフィクションなど多岐にわたっており、それらの異なる形態の仕事で意図的にローテーションを組んで執筆している[29]。しかし自身を本来的には長編作家であると規定しており、短編、中編小説を「実験」の場として扱い、そこから得られたものを長編小説に持ち込んでいると語っている[30]。またそれらのバランスをうまく取って仕事をする必要があるため、原則的に依頼を受けての仕事はしないとしている[29]

「総合小説」への試み

村上は1990年代後半より、しきりに「総合小説を書きたい」ということを口にしている。「総合小説」として村上はドストエフスキーカラマーゾフの兄弟』を引き合いに出しているが、それは「いろいろな世界観、いろいろなパースペクティブをひとつの中に詰め込んでそれらを絡み合わせることによって、何か新しい世界観が浮かび上がってくる」[31] ような小説のことを言う。そして「パースペクティブをいくつか分けるためには、人称の変化ということはどうしても必要になってくる」[31] という意識のもとで、村上は「私」と「僕」の物語が交互に語られる『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、一人称の中に手紙や回想が挿入される『ねじまき鳥クロニクル』、すべて三人称で書かれた『神の子どもたちはみな踊る』、一人称と三人称が交互に現れる『海辺のカフカ』、三人称に「私たち」という一人称複数が加わる『アフターダーク』と、作品で人称の変化について様々な試みを行なっている。

村上が影響を受けた作家と作品

村上は自身が特に影響を受けた作家として、スコット・フィッツジェラルドトルーマン・カポーティリチャード・ブローティガンカート・ヴォネガットレイモンド・チャンドラーらを挙げている[32]。このほかにフランツ・カフカドストエフスキーらの作家も加わる。また訳書『グレート・ギャッツビー』あとがきにおいて、影響を受けた本としてフィッツジェラルド『グレート・ギャツビー』、チャンドラー『ロング・グッドバイ』、そしてドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』の3冊を挙げている。読売新聞で『1Q84』をめぐる記者との対談に於いて、後期ヴィトゲンシュタインの「私的言語」概念[33] に影響を受けていたことを明かした[34]

評価

文学賞選考における評価

群像新人文学賞では丸谷才一がアメリカ文学からの影響を指摘しながらもその才能を激賞し、「この新人の登場は一つの事件」であるとした[35]。群像新人賞では5人の選考委員全員から支持を得たが、しかし2度候補になった芥川賞の選考では十分な評価が得られなかった。

風の歌を聴け」が候補になった第81回芥川賞選考では、丸谷が積極的に推したが、大江健三郎瀧井孝作らが「外国の翻訳小説の読み過ぎで書いたような、ハイカラなバタくさい作」(瀧井)などとして批判し、「1973年のピンボール」が候補になった第83回芥川賞選考では大江と吉行淳之介が支持に回ったものの、井上靖中村光夫らが拒否した[36]。その後、村上が長編小説に移行したこともあって(芥川賞は中編が対象)結局受賞には至らなかった。

村上が世界的な作家へ成長したことにより、この「取りこぼし」はしばしば芥川賞に対する批判の的となる。

総合的批評

柄谷行人は1980年代に、村上の作風を保田與重郎などに連なる「ロマンティック・アイロニー」であるとし、そこに描かれる「風景」が人の意思に従属する「人工的なもの」だと喝破した[37]渡部直己は村上の語りを「黙説法」と呼び、その作品が自己愛の現れに過ぎないものと論じた[38]蓮實重彦は村上の小説を「結婚詐欺の小説」と断じて一顧だにせず[39]松浦寿輝は「言葉にはローカルな土地に根ざしたしがらみがあるはずなのに、村上春樹さんの文章には土も血も匂わない。いやらしさと甘美さとがないまぜになったようなしがらみですよね。それがスパッっと切れていて、ちょっと詐欺にあったような気がする。うまいのは確かだが、文学ってそういうものなのか」[40] と論評、村上の作品の文学性に疑問を呈している。

加藤典洋川本三郎清水良典らは村上を高く評価、それぞれ自著で村上の各作品を詳細に論じており、福田和也は『「内なる近代」の超克』で称賛し、『作家の値うち』では夏目漱石以降で最も重要な作家と位置づけ、『ねじまき鳥クロニクル』に現役作家の最高得点を与えた[41]内田樹は、多数の批判者を「村上春樹に対する集団的憎悪」と呼び、自著『村上春樹にご用心』の中で、村上を高く評価する一方で、蓮實重彦らに反論している。ほかに肯定派として竹田青嗣柘植光彦らがいる。

斎藤美奈子プロットの展開を「ロールプレイングゲーム」になぞらえ、「村上春樹をめぐる批評ゲームは『オタク文化』のはしりだった」と評している[42]。さらにしばしば村上龍と対置されることについて「もし龍か春樹のどちらかが『村上』じゃなかったらどうだったのか」「村上春樹が村上春子という女性作家だったらどうなるのか」「村上龍と対比されるべき対象は、村上春樹ではなく、田中康夫であってもよかった」とも述べている[42]

田中康夫は村上の作風について、「『女の子は顔じゃないよ。心なんだよ』といった小説好きの女の子を安心させる縦文字感覚」「彼のエッセイは、常に『道にポンコツ車が捨ててあったから、拾ってこようかと思った』という内容」[43] と評する。

村上春樹本人は自身の小説について、「丁寧に保存された真空管アンプ」のようなものであると述べている[44]

個別的批評

上野千鶴子小倉千加子富岡多恵子らは、『男流文学論』という文学批評において、村上の小説『ノルウェイの森』の主人公である男子大学生の人物像に否定的な見解を示している。渡辺みえこ[45]は、『ノルウェイの森』に登場するレズビアンの少女について、その描き方が差別的であると論じている[46]。 小谷野敦は、『ノルウェイの森』の「徹底批判」と称して、「巷間あたかも春樹作品の主題であるかのように言われている『喪失』だの『孤独』だの、そんなことはどうでもいいのだ。(…)美人ばかり、あるいは主人公の好みの女ばかり出てきて、しかもそれが簡単に主人公と『寝て』くれて、かつ二十代の間に『何人かの女の子と寝た』なぞと言うやつに、どうして感情移入できるか」[47] と述べている。小谷は、『ノルウェイの森』と村上春樹について、そのどちらかが2002年に東京大学で配布されたビラ「反白色テロル大連帯」におけるクリスマス、バレンタイン、ホワイトデーの「三大白色テロル」に加わえるべき「白色テロル」であると評している[48]

小野正嗣は『1Q84』を『読売新聞』紙上で絶賛した[要出典]

壁と卵

近年の活動」も参照

村上のエルサレム賞受賞スピーチ「壁と卵」に対して、批評がなされている。村上は、エルサレム賞受賞時、スピーチの中で、自身が小説を書く際に留意していることとして「壁と卵」の比喩を用いた。村上はその比喩について自ら解説し、明らかにしている。それによると、卵は全ての人間のことであり、壁はシステムのことである、人間を脅かすそのシステムから魂を守るために小説を書くのである。村上はそのように解説をした[20]

斎藤美奈子が『朝日新聞』紙上で受賞スピーチについて述べるには、「卵を握りつぶして投げつけるぐらいのパフォーマンスを見せればよかった」「ふと思ったのは、こういう場合に『自分は壁の側に立つ』と表明する人がいるだろうか」という[49][50][51]

エルサレム賞はノーベル文学賞の登竜門であるとされることから、田中康夫浅田彰との対談で、「誰もが『卵が尊い』と唱和する局面であえて、壁の側にだって一分の理はあるのではと木鐸(ぼくたく)を鳴らしてこそ、小説家としての証しだとするなら」という前置きをしたうえ、ノーベル賞をくださいと正直に言うことが大人の商売人である論評した[50]。ただし、2009年2月27日、新党日本のYouTubeチャンネルで、田中は村上にノーベル賞への気持ちがあったかどうかは、問わないとしている[49]。浅田彰は田中との対談で、壁と卵の比喩が曖昧すぎると批評した[50]

村上本人は、あの場所でできる発言としてはギリギリの物だったと述べている[52]。イスラエル政府要人が集まる舞台であれ以上の発言をすることは困難であり、またあれ以下の発言では意味がない。他の人ならあれ以上の発言ができただろうか。もちろんバレンボイムなどのように政権に批判的なユダヤ人が厳しい発言を行ったことはある。しかし同胞のユダヤ人が批判を行うことと、日本人が批判を行うこととでは受けとられ方が大きく異なる。エルサレム賞を受賞すると聞いて多くの「進歩的」メディアから批判を受けたが、現地で発言することに意味があると思ったし、メディアにも自分のそれまでの行動からある程度の推測をしてほしかった、と述べている。

人物

日本の多くのテレビメディアには出演せず、インタビューの依頼があっても、一部の雑誌を除いて積極的には応じない。インタビュー嫌いの理由として、本人は、ジャズ喫茶経営時代に「毎晩客の相手で一生分の会話をした。今後は、本当に話したい人にしか話さないと誓った」からだという[5]

その一方で、海外マスメディアのインタビューには精力的に応じており、自身の文学観、作品の意図、日本社会の集団性の強さについての言及、日本の文壇における否定的評価への不満などを日本文学者としての義務感から積極的に述べている。それらの中には日本における村上春樹像に対する反論も少なくない[53]

また、1990年代後半より定期的にホームページを立ち上げて読者と積極的に意見交換を行なっている。村上は評論家などによる自身に関する文章はまったく読まないと語っており、むしろ多数の一般読者の意見を聞くほうが、総体として正しい意見を得ることができるとしている[54]。ただし村上はエルサレム賞受賞に関するマスメディアの批評は十分認識していた[52]。近年はエッセイの執筆に消極的だが、それは本来小説に向かうべき個人的体験や経験を切り売りすることに抵抗を覚え始めたからだという[55]

生活

かつては一日3箱を喫うヘヴィースモーカーであったが、『羊をめぐる冒険』の執筆が完了した後に禁煙。身体を鍛えるためにマラソンを続け、トライアスロンにも参加している。冬はフルマラソン、夏はトライアスロンというのがここ数年の流れである。これは、小説を集中して書き続けるために体力維持に励んでいる、という理由による。したがって、生活は非常に健康的である。毎朝4時か5時には起床し、日が暮れたら仕事はせずに、夜は9時すぎには就寝する。ほぼ毎日10km程度をジョギング、週に何度か水泳、ときにはスカッシュなどもしている[56]。「ワーク・アウト」という言葉は、しばし村上のエッセイ等に言及がある。

他方で、飲酒については好意的である。たとえば、アイルランドウイスキーに対する賛歌ともいえるエッセイ『もし僕らの言葉がウイスキーであったなら』(1999年に出版)なども著している。

趣味・嗜好

中学生の頃からジャズ・レコードの収集をしており、膨大な量のレコードを所有している(1997年当時で3000枚)。音楽はジャズ、クラシック、ロックなどを好んで聴く。ビートルズザ・ビーチ・ボーイズをはじめとする古いロックはもちろん、レディオヘッドオアシスベックなどの現代ロックを聴き、最近ではコールドプレイゴリラズスガシカオのファンを公言している。常に何か新しいものに向かう精神が大事なのだという[57]

猫好きであり、大学生の頃からヨーロッパで生活する1986年まで、数匹の猫を飼っている。また、飼っていた猫をヨーロッパに渡る前にある編集者に預けたが、その時に条件として、書き下ろしの長編小説を渡す、と言う約束をした。この書き下ろしの長編小説が『ノルウェイの森』である(『村上朝日堂』)。「猫」は村上小説の中で重要な役割を果たすことが多い。仕事で海外を飛び回ることが多いため、飼うことは断念しているという。

東京ヤクルトスワローズの熱心なファンだが、その理由は東京に移り住んだ時にその土地のホームチーム(読売ジャイアンツ東映フライヤーズ東京オリオンズ、サンケイアトムズ)を応援するべきだと思い、その中で立地と居心地の良い神宮球場(当時の神宮球場は観客席の一部が芝生だったため)が気に入ったために、サンケイアトムズの応援を始める。その後も、東京ヤクルトスワローズのファンを続け、いまでもなお、しばしば球場に足を運んでいる(『村上朝日堂ジャーナル』)。神宮球場でデーゲームの野球観戦中にビールを飲んでいたところ「小説を書こう」と思い立ち、『風の歌を聴け』を執筆したという逸話がある[58]

関わりのある人物

ここでは村上春樹と特にかかわりのある人物を取り上げる(順不同)。

村上龍
村上春樹と村上龍は、同時期に登場し、いずれも人気作家となったことから「W村上」などとも呼ばれるが、縁戚関係はなく、互いの作風も特別共通点があるわけではない。春樹と龍は作風が対極にあるが、同時代人として同じ空気感を背負っている。村上龍は学生時代、村上春樹の経営する「ピーター・キャット」に通っており、デビュー前からの顔見知りであった[7]。初期には互いのエッセイで頻繁に言及しあっており[59]、1981年には対談集『ウォーク・ドント・ラン』を出版している。以前は猫を譲ったりするような間柄であった。村上龍は村上春樹の姿勢とその仕事を評価している。特に春樹の作品が海外で広く高く評価されている点や、春樹が海外に自己の作品を積極的に問う点である。清水良典は『MURAKAMI龍と春樹の時代』(幻冬舎新書、2008)で、二人が互いの作品を意識し対抗しあう「セッション」をずっと繰り広げてきたとし、それぞれの代表作を対比している。
『村上春樹、河合隼雄に会いに行く』のなかで、村上龍は最初から暴力というものをはっきり予見的に書いているという点で鋭い感覚を持った作家だと評価したうえで、自分は「あそこへ行くまでに時間がかかるというか、彼とぼくは社会に対するアプローチが違う」としている。
柴田元幸
東大教授であり英米文学翻訳家。彼らの付き合いは翻訳を通じてである。その後、村上が柴田の授業に参加したり(『翻訳夜話』『翻訳教室』)、積極的にロングインタヴューに応じたり(『ナイン・インタビューズ―柴田元幸と9人の作家たち』)と、二人の親交は篤い。『翻訳夜話2』などを通して「村上自身が語る文学観」を柴田は引き出している。
安原顕
2006年3月10日、村上は自身の直筆原稿が本人に無断で、安原顕によって流出させられ、東京神田神保町古本屋や、インターネットオークションで販売されていることを『文藝春秋』誌上にて明らかにし、「安原さんがなぜこのようなことをしたのか分からないが、職業モラルに反しているし、盗品売買にあたる」とコメントをしている。
この発表は各方面に大きな波紋を広げ、出版業界にはびこる「自筆原稿の流出」という、半ば公然の闇の事態が明らかとなった。安原が故人であったため「死者に鞭打つような仕打ち」と一部で批判する者もあったが、村上はこのような事態が、彼に関してのみならず、多くの作家に関しても未だに行われていることを指摘しつつ、誰かが声高に叫ばなければ、流出によって傷つけられる、生きている者たちの痛みはなくならないのではないか、と反論している[60]。なおこれら一連の動きから、明確な意思表示がない限り「生原稿は作家の所有物である」との確認が日本文芸家協会によって行われ、「生原稿『流出』等についての要望」としてまとめられ、関係各所へと配布された。
安西水丸
イラストレーターの安西水丸とは村上のキャリア当初から親交があり、エッセイ集『村上朝日堂』シリーズをはじめ、ショートショートの挿絵など、数多くのイラストを担当している。小説以外のテーマでよく対談があり、コミカルな話題で盛り上がっている様子が伝わってくる。なお村上春樹は安西水丸のイラストがあまりに苦労してなさそうに描いていることから、エッセイを書く際は簡単にイラストをかけないような題材にしようと努力していると語っている。『村上朝日堂の逆襲
本名の渡辺昇(ワタナベノボル)は短編集『パン屋再襲撃』では「ねじまき鳥と火曜日の女たち」において、猫の名前・妻の兄の名前で「ワタナベノボル」として使われている。そして「パン屋再襲撃」「象の消滅』「ファミリー・アフェア」「双子と沈んだ大陸」でもワタナベノボルが登場する。そして長編『ノルウェイの森』では「ワタナベトオル」と名を変え、『ねじまき鳥クロニクル』でも「ワタヤノボル」となる。
村上自身の言によると、安西は「尊敬まではできないけれど、ある種の敬意にはじゅうぶん値する」人物[61]
河合隼雄
村上が、唯一、繰り返し対談した年長の知識人。団塊の世代である春樹にとって、親の世代である。
村上自身も「僕にとっての『小説の意味』みたいなものをきちんと総合的にすっと理解し、正面から受けとめてくれた人は河合先生一人しかいませんでした。『物語』というのが我々の魂にとってどれほど強い治癒力をもち、また同時にどれほど危険なものでもあるかということを、非常に深いレベルで把握しておられる方です。」[62]「河合先生に会うたびに、僕は元気づけられます。ああいう人ってなかなかいないです。」[62]「僕が『物語』という言葉を使って話すときに、その意味をきちんと理解してくれるのは、河合先生ぐらいだった」[63] と語っている。
河合との対談は以下で読むことができる。

  • 現代の物語とはなにか『こころの声を聴く―河合隼雄対話集 』新潮文庫 ISBN 978-4101252230 初出:新潮 1994年7月 91巻 260-282頁
  • 『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』新潮文庫 ISBN 978-4101001456 初出:世界 1996年4月号 621号 257-280頁、1996年5月号 662号 210-235頁
  • 「地下鉄サリン事件と日本人」現代 1997年7月号 31巻 28-41頁 話題の書『アンダーグラウンド』をめぐって 村上春樹、河合隼雄
  • 河合隼雄氏との対話(『アンダーグラウンド』をめぐって 「悪」を抱えて生きる)『約束された場所で―underground 2』ISBN 978-4167502041 初出: 文藝春秋1998年11月号 76巻 262-277頁「ポストアンダーグラウンド」をめぐって―麻原・ヒットラー・チャップリン
  • 連続対談 河合隼雄x村上春樹 京都での対話(上)(下) 臨床心理学者と作家が語り合った2日間 フォーサイト新潮社) 2003年10月号[64] 第14巻第10号通巻163号 52-57頁、2003年11月号[65] 第14巻第11号通巻164号 52-58頁

年譜

文学賞受賞・候補歴

  • 第22回群像新人文学賞[小説部門]受賞(昭和54年/1979年)「風の歌を聴け」
  • 第81回芥川賞候補(昭和54年/1979年上期)「風の歌を聴け」
  • 第1回野間文芸新人賞候補(昭和54年/1979年)『風の歌を聴け』
  • 第83回芥川賞候補(昭和55年/1980年上期)「一九七三年のピンボール」
  • 第2回野間文芸新人賞候補(昭和55年/1980年)『1973年のピンボール』
  • 第4回野間文芸新人賞受賞(昭和57年/1982年)『羊をめぐる冒険』
  • 第21回谷崎潤一郎賞受賞(昭和60年/1985年)『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』
  • 第23回新風賞受賞(昭和63年/1988年)『ノルウェイの森』
  • 第17回川端康成文学賞候補(平成2年/1990年)「TVピープル」
  • 第47回読売文学賞[小説賞]受賞(平成7年/1995年)『ねじまき鳥クロニクル』
  • 第2回桑原武夫学芸賞受賞(平成11年/1999年)『約束された場所で―underground 2』
  • フランツ・カフカ賞受賞(平成18年/2006年)
  • フランク・オコナー国際短編賞受賞(平成18年/2006年)
  • 朝日賞受賞(平成18年/2006年)「世界各国で翻訳され、若い読者を中心に同時代の共感を呼んだ文学的功績」
  • 第32回川端康成文学賞候補(平成18年/2006年)「ハナレイ・ベイ」
  • 第一回早稲田大学坪内逍遥大賞受賞(平成19年/2007年)
  • エルサレム賞受賞(平成21年/2009年)
  • 第44回新風賞受賞(平成21年/2009年)『1Q84』BOOK1.BOOK2
  • 第7回2010年本屋大賞候補(平成22年/2010年)『1Q84』BOOK1.BOOK2

作品一覧

長編小説

中編小説

短編小説

超短編・ショートショート

村上自身はこれらの作品を「ひょひょいのひょい」と呼ぶ。

  • 夢で会いましょう (1981年11月 冬樹社より書き下ろし)糸井重里との共著
    アイゼンハワー* / アスパラガス* / アンチテーゼ* / インタビュー / インディアン / エレベーター / オイル・サーディン / オニオン・スープ / カーマストラ / カツレツ / クールミント・ガム / グレープ・ドロップス / K / コーヒー / コーヒー・カップ / コンドル / サドン・デス** / シーズン・オフ / シェービング・クリーム / シゲサト・イトイ** / シャングリラ / ジャングル・ブック / スウィート・スー / スクイズ / スター・ウォーズ* / ステレオ・タイプ** / ストレート* / タルカム・パウダー / チャーリー・マニエル / テント / ドーナツ* / バー・トーク / ハイヒール / パン / ビール / ピンボール / フィリップ・マーロウ その1 / フィリップ・マーロウ その2 / ブラジャー / ブルー・スエード・シューズ / ブルーベリー・アイスクリーム / プレイボーイ・パーティー・ジョーク / マッチ / マット / モーツァルト* / ヤクルト・スワローズ / ラーク / ラブレター** / ラジオ / ワム!*
    *1986年6月 講談社文庫版に書き下ろし。**同版で訂正。
  • 象工場のハッピーエンド (1983年1月 CBSソニー出版より書き下ろし) 共著:安西水丸
    カティーサーク自身のための広告 / クリスマス / ある種のコーヒーの飲み方について / ジョン・アプダイクを読むための最良の場所 / FUN, FUN, FUN / 万年筆 / スパゲティー工場の秘密 / マイ・ネーム・イズ・アーチャー / A DAY in THE LIFE / 双子町の双子まつり / マイ・スニーカー・ストーリー / 鏡の中の夕焼け / サヴォイでストンプ / にしんの話 / あとがきにかえて
    にしんの話・あとがきにかえては、1999年2月 『新版 象工場のハッピーエンド』に書き下ろし
  • 村上朝日堂画報 (1984年『CLASSY』6月号〜1986年5月号、1986年11月 『ランゲルハンス島の午後』に改題)共著:安西水丸
    レストランの読書 / ブラームスとフランス料理 / シェービング・クリームの話 / 夏の闇 / 女子高校生の遅刻について / 財布の中の写真 / みんなで地図を描こう / ONE STEP DOWN / 洗面所の中の悪夢 / 時計はいかにして増加するか / トレーナー・シャツ雑感 / CASH ANDCARRY / UFOについての省察 / 猫の謎 / 哲学としてのオン・ザ・ロック / デパートの四季 / BUSY OFFICE / ニュースと時報 / 小確幸 / 葡萄 / 八月のクリスマス / ウォークマンのためのレクイエム / 「核の冬」的映画館 / 地下鉄銀座線における大猿の呪い / ランゲルハンス島の午後(1986年11月 『ランゲルハンス島の午後』に書き下ろし)
  • Jプレスの広告 (1985年4月〜1987年2月『MEN’S CLUB』他)
    ホルン / 鉛筆削り(あるいは幸運としての渡辺昇) / フリオ・イグレシアス / タイムマシーン(あるいは幸運としての渡辺昇) / コロッケ / トランプ / 新聞 / ドーナツ化 / アンチテーゼ / うなぎ / 高山典子さんと僕の性欲 / タコ / 虫窪老人の襲撃 / スパナ / ドーナツ、再び /他(詳細不明)
  • パーカー万年筆の広告 (1993年4月〜1995年3月『太陽』)
    夜のくもざる / ずっと昔に国分寺にあったジャズ喫茶のための広告 / 馬が切符を売っている世界 / バンコック・サプライズ / ビール / ことわざ / 構造主義 / 大根おろし / 留守番電話 / ストッキング / 牛乳 / グッド・ニュース / 能率のいい竹馬 / 動物園 / インド屋さん / 天井裏 / もしょもしょ / 激しい雨が降ろうとしている / 嘘つきニコル / 真っ赤な芥子 / 夜中の汽笛について、あるいは物語の効用について /他(詳細不明)
  • 村上朝日堂超短編小説 夜のくもざる(1995年6月平凡社) 共著:安西水丸
    「Jプレスの広告」「パーカー万年筆の広告」の作品群に「おまけ」として「朝からラーメンの歌」と、著者各々のあとがきが追加されたもの
  • またたび浴びたタマ (2000年8月 文藝春秋より書き下ろし)— 回文による50音のカルタ
  • 村上かるた うさぎおいしーフランス人 (2007年3月文藝春秋) イラスト:安西水丸

随筆

  • ウォーク・ドント・ラン (1981年7月 講談社より書き下ろし)共著:村上龍
  • 村上朝日堂シリーズ
    • シティ・ウォーキン (1982年『日刊アルバイトニュース』 8月16日号〜1984年5月21日号)
    • 千倉における朝食のあり方 (1984年『ビックリハウス』2月号)共著:安西水丸
    • 男にとって 早い結婚はソンかトクか (1984年『GORO』2月23日号)共著:安西水丸
    • 千倉における夕食のあり方 (1984年『ビックリハウス』3月号)共著:安西水丸
    • 千倉サーフィン・グラフィティー
    • 村上朝日堂の逆襲 (1985年『週刊朝日』4月5日号〜1986年4月4日号、1995年11月10日号〜1996年12月27日号)共著:安西水丸
    • 村上朝日堂はいほー! (『ハイファッション』)
    • 村上朝日堂ジャーナル (1994年『SINRA』7月号〜1995年10月号)
  • The Scrap (1982年『Sports Graphic Number』春号〜1986年12月号)
  • だいじょうぶです。面白いから (1983年『Sports Graphic Number』4月号)
  • オリンピックにあまり関係ないオリンピック日記 (1984年『Sports Graphic Number』9月号特別増刊「1984年 夏、一瞬の輝き ロサンゼルス・オリンピックの16日間」)
  • 映画をめぐる冒険 (1985年12月 講談社より書き下ろし)共著:川本三郎
  • 日出る国の工場 (1987年4月 平凡社より書き下ろし)共著:安西水丸
  • やがて哀しき外国語 (1994年2月 講談社より書き下ろし)
  • 村上春樹、河合隼雄に会いにいく (1996年12月 岩波書店より書き下ろし)共著:河合隼雄
  • 若い読者のための短編小説案内 (1997年10月 文藝春秋より書き下ろし)
  • ポートレイト・イン・ジャズ (1997年12月 新潮社より書き下ろし)共著:和田誠
    • ポートレイト・イン・ジャズ2 (2001年4月 新潮社より書き下ろし)共著:和田誠
  • 村上ラヂオ (2000年『anan』3月17日号〜2001年3月3日号)画:大橋歩
  • 翻訳夜話 (2000年10月 文藝春秋より書き下ろし)共著:柴田元幸
    • 翻訳夜話2 サリンジャー戦記 (2003年7月 文藝春秋より書き下ろし)共著:柴田元幸
  • 意味がなければスイングはない(『ステレオサウンド』2003年春号〜2005年夏号)
  • 走ることについて語るときに僕の語ること (2007年10月 文藝春秋より書き下ろし)
  • 村上ソングズ (2007年12月 中央公論新社)共著:和田誠
  • The (Generally) Sweet Smell of Youth (2010年 Natsume SosekiSanshiro』Penguin Classics所収のIntroduction) – 英文。お気に入りの日本の作家は誰かと質問されて真っ先に頭に思い浮かぶ名前が漱石であるという。
  • 夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです(2010年9月 文藝春秋)インタビュー集
  • 村上春樹 雑文集(2011年1月 新潮社)初収録エッセイから未発表超短編小説まで

ノンフィクション

インターネット本

  • 村上朝日堂シリーズ
    • 夢のサーフシティー(1998年6月 朝日新聞社
    • スメルジャコフ対織田信長家臣団(2001年4月 朝日新聞社)
  • 「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?(2000年8月 朝日新聞社)
  • 少年カフカ(2003年6月 新潮社)
  • 「これだけは、村上さんに言っておこう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける330の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?(2006年3月、朝日新聞社)
  • 「ひとつ、村上さんでやってみるか」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける490の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?(2006年11月、朝日新聞社)

紀行集

写真集

絵本

  • 羊男のクリスマス (1985年11月 講談社)絵:佐々木マキ
  • ふわふわ (1998年6月 講談社)絵:安西水丸
  • ふしぎな図書館 (2005年2月 講談社)絵:佐々木マキ

翻訳

  • ジョン・アーヴィング
  • クリス・ヴァン・オールズバーグ
    • 西風号の遭難(1985年10月 河出書房新社
    • 急行「北極号」(1987年12月 河出書房新社)
    • 名前のない人(1989年8月 河出書房新社)
    • ハリス・バーディックの謎(1990年11月 河出書房新社)
    • 魔法のホウキ(1993年6月 河出書房新社)
    • まさ夢いちじく(1994年9月 河出書房新社)
    • ベンの見た夢(1996年4月 河出書房新社)
    • いまいましい石(2003年11月 河出書房新社)
    • 2ひきのいけないアリ(2004年9月 あすなろ書房
  • ティム・オブライエン
    • ニュークリア・エイジ(1989年10月 文藝春秋、1994年5月 文春文庫)
    • 本当の戦争の話をしよう(1990年10月 文藝春秋、1998年2月 文春文庫)
    • 世界のすべての七月(2004年3月 文藝春秋、2009年6月 文春文庫)
  • レイモンド・カーヴァー
    • ぼくが電話をかけている場所(1983年7月 中央公論社)
    • 夜になると鮭は…(1985年7月 中央公論社)
    • ささやかだけど、役に立つこと(1989年4月 中央公論社)
    • レイモンド・カーヴァー全集 (全8巻、中央公論社、新版2004年)
      • 頼むから静かにしてくれ(1991年2月)
      • 愛について語るときに我々の語ること(1990年8月)
      • 大聖堂(1990年5月)
      • ファイアズ(炎)(1992年9月)
      • 水と水とが出会うところ / ウルトラマリン(1997年9月)
      • 象・滝への新しい小径(1994年3月)
      • 英雄を謳うまい(2002年7月)
      • 必要になったら電話をかけて(2000年9月)
    • カーヴァー・カントリー(1994年10月 中央公論社)
    • CARVER’S DOZEN レイモンド・カーヴァー傑作選(1994年12月 中央公論社)
  • トルーマン・カポーティ
    • おじいさんの思い出(1988年3月 文藝春秋)
    • あるクリスマス(1989年12月 文藝春秋)
    • クリスマスの思い出(1990年11月 文藝春秋)
    • 誕生日の子どもたち(2002年6月 文藝春秋、2009年6月 文春文庫
    • ティファニーで朝食を(2008年2月 新潮社、同年12月、新潮文庫
  • マイケル・ギルモアMikal Gilmore
  • ビル・クロウBill Crow
    • さよならバードランド―あるジャズ・ミュージシャンの回想(1996年1月 新潮社、1999年2月 新潮文庫)
    • ジャズ・アネクドーツ(2000年7月 新潮社、2005年7月 新潮文庫)
  • J・D・サリンジャー
  • シェル・シルヴァスタイン
  • マーク・ストランドMark Strand
    • 犬の人生(1998年10月 中央公論社、2001年11月 中公文庫
  • ポール・セローPaul Theroux
    • ワールズ・エンド(世界の果て)(1987年7月 文藝春秋)
  • スコット・フィッツジェラルド
    • マイ・ロスト・シティー(1981年5月 中央公論社)
    • ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック(1988年3月 TBSブリタニカ
    • バビロンに帰る ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック2(1996年4月 中央公論社)
    • グレート・ギャツビー(2006年11月 中央公論新社)
    • 冬の夢 (中央公論新社、2009年11月、箱入単行本。2011年11月、新書・翻訳ライブラリー)
  • C・D・B・ブライアンCourtlandt Bryan
    • 偉大なるデスリフ(1987年11月 新潮社)
  • グレイス・ペイリーGrace Paley
    • 最後の瞬間のすごく大きな変化(1999年5月 文藝春秋、2005年7月 文春文庫)
    • 人生のちょっとした煩い(2005年6月 文藝春秋、2009年6月 文春文庫)
  • マーク・ヘルプリン文、クリス・ヴァン・オールズバーグ画
    • 白鳥湖(1991年12月 河出書房新社)
  • アーシュラ・K・ル=グウィン
    • 空飛び猫(1993年3月 講談社)
    • 帰ってきた空飛び猫(1993年12月 講談社)
    • 素晴らしいアレキサンダーと、空飛び猫たち(1997年6月 講談社
    • 空を駆けるジェーン-空飛び猫物語(2001年9月 講談社)
  • レイモンド・チャンドラー
  • マーセル・セローMarcel Theroux
  • その他
    • and Other Stories―とっておきのアメリカ小説12篇(1988年9月 文藝春秋)
      共訳:川本三郎、柴田元幸、畑中佳樹斎藤英治
    • Sudden Fiction 超短編小説70(1994年1月 文春文庫)共訳:小川高義
    • 月曜日は最悪だとみんなは言うけれど(2000年5月 中央公論新社)
    • バースデイ・ストーリーズ(2002年12月 中央公論新社)
    • 村上春樹ハイブ・リット(2008年11月 アルク)村上春樹・編訳(ティム・オブライエン、レイモンド・カーヴァー、村上春樹の短篇を英語+翻訳+朗読で味わう一冊)
    • 村上春樹翻訳ライブラリー(新書版:中央公論新社、主な上記作品を、2006年1月より2009年3月にかけ隔月23冊刊行、翌年以降も追加刊行)

映像化された作品

参考文献

  • 加藤典洋ほか『群像日本の作家26 村上春樹』小学館、1997年。ISBN 4095670266
  • 『ユリイカ臨時増刊 村上春樹の世界』青土社、1999年。ISBN 4791709926
  • 『ユリイカ臨時増刊 村上春樹を読む』青土社、2000年。ISBN 4791700562
  • 栗坪良樹ほか編『村上春樹スタディーズ』(既刊7巻)若草書房、1999年-2008年。ISBN 4948755435
  • 清水良典『村上春樹はくせになる』朝日新書、2006年。ISBN 4022731044
  • 柴田元幸、藤井省三、沼野充義、四方田犬彦、国際交流基金 編『世界は村上春樹をどう読むか』文藝春秋、2006年。ISBN 4163684700
  • 黒古一夫 著『村上春樹 「喪失」の物語から「転換」の物語へ』勉誠出版、2007年。ISBN 9784585053828
  • 河合俊雄『村上春樹の「物語」 夢テキストとして読み解く』新潮社、2011年。ISBN 9784103308614

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 柴田元幸編・訳『ナイン・インタビューズ – 柴田元幸と9人の作家たち』株式会社アルク、2004年、259頁。
  2. a b 『村上朝日堂の逆襲』
  3. a b 『村上朝日堂』
  4. ^ うちのおやじとおふくろが国語教師だったんで、で、おやじがね、とくにぼくが小さいころね、『枕草子』とか『平家物語』とかやらせるのね。でね、もう、やだ、やだと思ったわけ。それで外国の小説ばっかり読み始めたんですよね。でも、いまでも覚えてるんだね、『徒然草』とか『枕草子』とかね、全部頭のなかに暗記してるのね、『平家物語』とか。食卓の話題に万葉集だもの。(村上龍との対話集『ウォーク・ドント・ラン』より)
  5. a b “エルサレム賞授賞式 素顔見せた村上春樹氏”. 読売新聞社. (2009年3月3日) 2009年3月7日閲覧。
  6. a b 『やがて哀しき外国語』
  7. a b c 横山政男「群像新人文学賞=村上春樹さん(29歳)は、レコード三千枚所有のジャズ喫茶店店主」『週刊朝日』朝日新聞社、1979年5月4日号。
  8. ^ 村上春樹・河合隼雄『村上春樹、河合隼雄に会いに行く』岩波書店、1996年、12頁-13頁。なお収録されている河合との対談は1995年11月に行なわれたもの。
  9. ^ 同上、70頁。
  10. ^ 「物語はいつも自発的でなければならない」『広告批評』1999年10月号。
  11. ^ . 産経新聞社. (2007年10月2日). http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/071002/acd0710021055003-n1.htm 2009年12月29日閲覧。[リンク切れ]
  12. ^ 物語の力―村上春樹氏インタビュー(上) 『中日新聞』、2008年4月18日付夕刊、6面。
  13. ^ 都甲幸治『偽アメリカ文学の誕生』(水声社)
  14. ^ Q・ジョーンズ、村上春樹に名誉学位 米プリンストン大 CNN、2008年6月8日閲覧。プリンストン大学のウェブサイト Princeton awards five honorary degrees Karin Dienst、2008年6月8日閲覧。
  15. ^ 村上春樹さん、エルサレム賞記念講演でガザ攻撃を批判 朝日新聞、2008年3月1日閲覧。
  16. ^ 大阪の団体、村上春樹さんに「エルサレム賞」辞退求める 朝日新聞、2009年2月10日閲覧。
  17. ^ “≪資料≫村上春樹エルサレム賞スピーチ全文(英語)”. 47NEWS. (2009年2月) 2009年12月29日閲覧。実際の講演の録音起こし。
  18. ^ “Haruki Murakami’s Jerusalem Prize acceptance speech (Pt. 1) -” (English). THE MAINICHI NEWSPAPERS. (2009年3月2日) 2009年3月4日閲覧。 [リンク切れ]
  19. ^ “村上春樹さん:イスラエルの文学賞「エルサレム賞」授賞式・記念講演全文(翻訳:学芸部・佐藤由紀)”. 毎日新聞社. (2009年3月2日) 2009年5月31日閲覧。[リンク切れ]
  20. a b “【日本語全訳】村上春樹「エルサレム賞」受賞スピーチ(仮訳:47NEWS編集部)”. 47NEWS 2009年3月1日閲覧。
  21. ^ “村上春樹さんがエルサレムに行った理由 誌上で告白”. 朝日新聞社 2009年5月31日閲覧。
  22. ^ “村上春樹氏、日本の原発を批判 – Japan Real Time – jp.WSJ.com”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 2011年12月7日閲覧。
  23. ^ “村上春樹さん寄稿 領土巡る熱狂「安酒の酔いに似てる」”朝日新聞 (朝日新聞社). (2012年9月28日). オリジナルの2012年9月28日時点によるアーカイブ。 2012年11月23日閲覧。
  24. ^ “村上春樹さんが朝日新聞に寄稿 文化交流の破壊を危惧”J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2012年9月28日) 2012年11月23日閲覧。
  25. ^ 柴田『ナイン・インタビューズ』前掲書、286頁。
  26. ^ 斎藤環「解離の技法と歴史的外傷」『ユリイカ臨時増刊 村上春樹を読む』青土社、2000年、65頁-66頁。
  27. ^ 村上春樹『「これだけは、村上さんに言っておこう」』朝日新聞社、2006年、185、197頁。
  28. ^ “〈ふたつの M-マンガと村上春樹 4〉世界に根付く自己表現”. 朝日新聞社. (2006年11月22日) 2009年12月29日閲覧。
  29. a b 村上春樹(聞き手:大鋸一正)「[Eメールインタビュー]言葉という激しい武器」ユリイカ臨時増刊 村上春樹を読む』前掲書、11頁-12頁。
  30. ^ 村上春樹『「これだけは、村上さんに言っておこう」』朝日新聞社、2006年、204頁。
  31. a b 柴田元幸『翻訳教室』新書館、2006年、187-188頁。
  32. ^ 柴田『ナイン・インタビューズ』前掲書、258-259頁。
  33. ^ 私的言語論の参照:
  34. ^ “【『1Q84』への30年】村上春樹氏インタビュー(下)”. 読売新聞社. (2009年6月18日) 2009年12月29日閲覧。
  35. ^ 丸谷才一「『風の歌を聴け』評」『群像日本の作家26 村上春樹』所収、小学館、1996年。
  36. ^ 参考サイト『東京紅団』「村上春樹と芥川賞」
  37. ^ 柄谷行人「村上春樹と『風景』」『終焉をめぐって』所収、福武書店、1990年。
  38. ^ 渡部直己「村上春樹とその周囲」『不敬文学論序説』太田出版、1999年、238頁-249頁。
  39. ^ 「村上春樹の小説は、結婚詐欺の小説である」ということであります。最新作を読んでいなくてもそのくらいはわかる」(蓮實重彦「『結婚詐欺』からケイリー・グラントへ」『早稲田文学』2003年7月号、4頁)。
  40. ^ 毎日新聞に掲載された川村湊との対談による。[要出典]
  41. ^ 福田和也『作家の値うち』飛鳥新社、2000年、214頁。
  42. a b 斎藤美奈子、「村上春樹 ゲーム批評にあけくれて」、『文壇アイドル論』、岩波書店(ISBN 4-00-024613-5)。
  43. ^ 『ファディッシュ考現学2』、新潮社、97-98頁。
  44. ^ 村上春樹『「ひとつ、村上さんでやってみるか」』朝日新聞社、2006年、42頁。
  45. ^ 渡辺美恵子。慶應義塾大学文学部哲学科美学美術史学専攻卒業。詩人、画家。國學院大學講師。「女のいない死の楽園 供犠の身体・三島由紀夫」で第一回女性文化賞受賞。
  46. ^ 渡辺みえこ 『語り得ぬもの:村上春樹の女性(レズビアン)表象』 御茶の水書房、2009年7月、ISBN 978-4275008398
  47. ^ 「『ノルウェイの森』を徹底批判する−極私的村上春樹論」『反=文藝評論』(新曜社)所収、262頁。
  48. ^ 「『ノルウェイの森』を徹底批判する−極私的村上春樹論」『反=文藝評論』(新曜社)所収、279頁。
  49. a b 新党日本YouTubeチャンネル「LoveNippon」2009年2月27日付を参照(村上「壁と卵」春樹とは
  50. a b c 『ソトコト.net』 田中康夫浅田彰の「憂国呆談@WEB」参照(村上春樹の「壁と卵」に物申す)。
  51. ^ 朝日新聞、2009年2月25日付、文芸批評欄。
  52. a b 考える人 2010年夏号「村上春樹ロングインタビュー」。
  53. ^ 英語圏におけるインタビューは、都甲幸治『偽アメリカ文学の誕生』(水声社)を参照。
  54. ^ 柴田元幸『翻訳教室』前掲書、187-188頁。
  55. ^ 村上春樹『「ひとつ、村上さんでやってみるか」』朝日新聞社、2006年、375頁。
  56. ^ このことは村上のエッセイ『走ることについて語るときに僕の語ること』に詳しい。
  57. ^ 村上『「ひとつ、村上さんでやってみるか」』前掲書、46頁。
  58. ^ ただし前掲雑誌『週刊朝日』インタビューでは、卒論を読んだ指導教授の「君は小説が書けるんじゃないかね」という言葉が念頭にあったと述べている。
  59. ^ 村上春樹「本の話(4)サイン会について」『村上朝日堂』、「猫の死について」『村上朝日堂の逆襲』/村上龍「ノルウェイの森」『村上龍全エッセイ1987-1991』講談社、1991年、及び「オレは十七歳だが、とても忙しい、その理由は、しっかり者だからだ」『走れタカハシ』講談社、1986年など。
  60. ^ 村上『「ひとつ、村上さんでやってみるか」』前掲書、33頁および76-77頁。
  61. ^ 村上『「これだけは、村上さんに言っておこう」』前掲書、25頁。
  62. a b 『村上朝日堂 夢のサーフシティー』 ISBN 978-4022572547
  63. ^ 信濃毎日新聞、2008年3月30日付。
  64. ^ フォーサイト2003年10月号 目次 – 新潮社公式サイト。
  65. ^ フォーサイト2003年11月号 目次 – 新潮社公式サイト。
  66. ^ イタリア、ギリシャ、イギリス。
  67. ^ 週にひとコマ担当する「ビジティング・レクチャラー」。「客員教授(ビジティング・プロフェッサー)」は週にふたコマもたなければならない。『やがて悲しき外国語』257頁。
  68. ^ Université de Liège – Presse et Communication – リエージュ大学公式サイト。[リンク切れ]
  69. ^ Université de Liège Rentrée académique 2007 – リエージュ大学公式サイト。