村上春樹氏、最新短編集が首位 文芸小説トップの12.1万部記録

 

(我大概的翻译一下哦,村上春树的最新作品《没有女人的男人们》本周卖了12.1万本,获得了销量第一的好成绩。自从去年4月村上的《没有色彩的多崎作和他的巡礼之年》连续5周排名第一之后,再度有文艺小说登上书籍销量冠军的宝座。)

 

人気作家・村上春樹氏の最新作『女のいない男たち』(18日発売・文藝春秋)が、週間12.1万部を売り上げ、4/28付オリコン“本”ランキングBOOK(総合)部門で、初登場1位を獲得した。

 

昨年4月に発売され、5週連続1位を獲得した『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)以来、約1年ぶりの首位で、2/10付で西尾維新氏/(イラスト)VOFAN『終物語中』(講談社)が記録した9.0万部を上回り、今年の文芸小説トップを更新した。

本作は、村上氏にとって9年ぶりとなる短編集。先に『文藝春秋』、『MONKEY』で発表された5編と書き下ろしの表題作を含む全6編が収録。これまでの作品同様、同作も発売が発表されるや大きな話題となり、発売前重版が決定するほどの人気ぶりとなった。

また、発売当日には発売記念のカウントダウンイベントが行われたほか、各書店では開店時間を繰り上げての早朝販売や店外販売、駅構内展開など、大々的な販売展開が実施。そのほか、作品の舞台を訪ね歩く「さんぽイベント」や読書会なども開催された。

発売が決定するたびに社会現象を巻き起こしている村上作品。今作も今年上半期の起爆剤となるようなビックヒットになるのか注目が集まる。

 


村上春樹氏、最新短編集が首位 文芸小説トップの12.1万部記録:等您坐沙发呢!

发表评论

表情

还能输入210个字